サプリメント

むくみの解消に役立つ栄養成分|カラダの中からアプローチ!

乳酸菌と発酵食品

お腹

発酵食品が苦手でも大丈夫

乳酸菌を摂取することによって腸内の環境を良くすることができるということがよく知られるようになりました。発酵食品は身体に良いと言われる理由として共通しているのが乳酸菌が多く含まれているという点です。発酵食品にはヨーグルト、納豆、キムチ、味噌など、様々なものがあります。しかし、発酵によって出てきた酸味があったり、独特の風味があったりすることによってあまり好きではないという人もしばしばいます。アレルギーがあって食べられないということもあるでしょう。その際に乳酸菌を摂る方法として知っておくと良いのが乳酸菌サプリです。乳酸菌によって腸内の環境を良くしたいという人が増えているからこそ、そういったサプリが数多く提供されるようになっています。

サプリと発酵食品の違い

発酵食品の代わりに乳酸菌サプリを使用しようと考える場合には注意が必要です。両者は完全に同じものではないということを理解しなければならないからです。発酵食品に含まれている乳酸菌と乳酸菌サプリに含まれている乳酸菌では種類が違うことがあるため、もともと発酵食品でお腹の調子が良くなってきた人の場合にはどちらの方が良いかと一概にいうことができません。理想的には両方を摂取していくとよりお腹の調子が良くなっていくでしょう。一方、発酵食品には乳酸菌以外にも発酵を行う酵母などの菌が含まれているため、それがプラス効果を生んでいる場合もあります。発酵食品をやめて乳酸菌サプリを始めるという考え方を持つよりも、乳酸菌サプリを追加してより健康になると考えるのが良い方法です。