サプリメント

むくみの解消に役立つ栄養成分|カラダの中からアプローチ!

眠りや心の健康に不可欠

微笑む女性

重要な神経伝達物質

セロトニンはドーパミンやノルアドレナリンと並んで三大神経伝達物質と呼ばれる非常に重要な役割を果たす物質です。近年、この物質が不足しているとして問題になっているのは、この物質が足りなくなると健康に問題が生じて日常生活に支障が出てくるためです。セロトニンが不足すると、まず不眠の症状が現れます。睡眠にはメラトニンというホルモンが関わっていますが、セロトニンはこのメラトニンの材料となるため、セロトニンが少なくなるとメラトニンも少なくなり、結果として良い睡眠が得られなくなるためです。また、不眠を防止するだけでなく精神をリラックスさせ気分を平穏に保つ作用があるので、日頃ストレスにさらされやすいという人は、セロトニンを摂取することでストレスにも不眠にも対処できます。

うつ病との深い関わり

セロトニンが最近注目されている理由のひとつは、年々患者数が増加しているうつ病との関係にあります。うつ病患者の脳では、この神経伝達物質が不足していることがわかっているのです。子育ての悩み、過酷な職場環境、介護の不安など、現代社会では誰もが何らかのストレスを抱えており、それがきっかけとなってうつ病に悩んでいる患者も大勢います。そうした患者の脳内での不足を補うために、うつ病の治療にはセロトニン再取り込み阻害薬という薬が用いられます。これによってセロトニンの減少を防ぐことができるのですが、うつ病患者に限らず健康な人の場合でも、心身の健康を守るためにセロトニンの量を十分に保つことが必要です。日本ではまだまだストレス社会という言葉が浸透しているため、今後もセロトニンの重要性は高まる一方であると予測されます。